JavaScriptを有効にしてください。
tri=c パンプス検索 tri=c パンプス検索 ショップ内検索
カテゴリーから探す

カラーオーダーメイドパンプス&shoes tri=c

tri=c パンプス検索
カテゴリーから探す

tri=c
レザーについて

tri=c ショッピングガイド

スムースレザーとは?

表革と呼ばれる表面がつるつるとしたレザー

型押し(凹凸のある革)や起毛がないレザーのことで、 カウレザー・ラムレザー・シープレザー・ピッグレザーその他すべてを含みます。 良質の原革を革本来の風合いを失わないように薬品を使って革をなめし、染色仕上 げしたものです。tri=cが使用しているスムースレザーは、 履いていただいた際に柔らかいと感じる革を、バイヤーが直接買い付けて使用しています。

→スムース用ケア商品一覧はコチラ

スエードレザーとは?

裏革と呼ばれる起毛したレザー

本来裏側である面を表にして使用した革のことで、 サンドペーパーやヤスリ等でベルベット状に起毛させて 独特の光沢感を引き出させた革で、バックスキンと呼ばれることもあります。 シミになりやすいのでデリケートな革というイメージがありますが、 実は物理的にはかなり頑丈で、適切な手入れをすると意外なほどきれいな状態で長持ちします。 tri=cが使用しているスエードレザーは、発色が良い革をセレクトしているので 足下にアクセントを置きたい方にお勧めです。

→スエード用ケア商品一覧はコチラ

エナメル(パテント)とは?

エナメル(樹脂)コーティングしたレザー

型押し(凹凸のある革)や起毛がないレザーのことで、 エナメル加工(クロムなめしをした各種革の銀面にラッカーや塗料などを何度も繰り返して塗り、 光沢を出す加工)を施した革のことです。素材自体からまぶしいほどの光を放ち表面がツルっとしているので、 他のレザーに比べると汚れにも比較的強く、お手入れも簡単です。 時代をさかのぼるとフォーマルな場で履くエナメル靴という印象でしたが、 近年では幅広いデザインに使用されています。 tri=cのエナメル素材は本革を使用しており、合成皮革にはない高級感と光沢感が特徴です。

→エナメル用ケア商品一覧はコチラ

ヘアカーフとは?

表革と呼ばれる表面がつるつるとしたレザー

元を辿ると、牛の胎児を革にしたものを"腹(の中の)子"という意味で『ハラコ』と呼んだそうですが、 現在ではその名残で、子牛(または成牛)の毛付革を一般に『ハラコ』と呼んでいます。 tri=cで使用する毛革は、食用の家畜の副産物などを使用し便宜上『ハラコ』または『ヘアカーフ』と分類しています。 ハラコ素材には気持ちのいい手触り、そして独特の高級感があり、流行り廃りが無く、汚れが付きにくいという特徴があります。

→ヘアカーフ用ケア商品一覧はコチラ

エンボスレザー(型押し革)とは?

表革と呼ばれる表面がつるつるとしたレザー

型押し革とは革をなめした後、銀面(革の表面)をプレスすることで独自の 表現をつける加工法の事を指します。エンボスレザーとも呼ばれます。 型押し革(エンボスレザー)は、従来品質の悪い革を少しでもよく見せるための加工法とされていましたが、 近年では、その技術は飛躍的に向上しており、クロコダイル・オーストリッチ、パイソンなどのいわゆる 高級皮革と見た目ではわからないような型押し革(エンボスレザー)が作られています。 近年では、本物と遜色がない品質の型押し革が流通しています。 エンボス加工は、ハイドリックと呼ばれる機会を使い、合金製の金型に熱を加えて型を押します。

→スムース用ケア商品一覧はコチラ

グリッターとは?

靴に光沢を加える、細かいラメ状の粒子

Glitter(グリッター)は英語で、輝きやきらめきという意味で、 布などにラメ状の粒子を吹き掛け仕上げているので、まさしくひと際輝きを放つ素材です。 tri=cでは、たくさんのカラーバリエーションを展開しており、部分的に使用していただくと さりげない華やかさを演出できます。 専用の塗料で粒子を付着させているため、粒子が落ちることもありますのでお取り扱いに注意は必要です。

→コンビ素材用ケア商品一覧はコチラ

ファブリック、その他

布・コルク・デニム・籐編素材など...

ひと目で個性的なファブリックを取り揃えました。 Favori, Punto, Redondoの比較的面積の少ないヒール部分に使い、 控えめながらオシャレポイントになるアクセントとしてオススメです。 コルクヒールや、デニムをアッパーに使うのもオススメです。

→コンビ素材用ケア商品一覧はコチラ

レザーの種類

スエードレザー

エナメルレザー

ヘアカーフ

エンボスレザー

グリッター

ファブリック